学級通信・学年便り|読まれる記事のコピーライティング50選

<目次>
1.いいことが書いてあっても、記事名(タイトル)が平凡なら読まれない
2.保護者・生徒が続きを読みたくなる記事名(タイトル)50選
3.気をつけてほしいこと

ネーミング、名前、学級通信、学級便り、学年通信、学年便り、中学校、名前例

1.いいことが書いてあっても、記事名(タイトル)が平凡なら読まれない

「記事名(タイトル)」を軽視してはいけません。
「とても良いことが書いてあるのに、その記事名(タイトル)が平凡だから読まれない」ことがあります。
保護者の方は忙しいのです。
「中学校からのお便りだから」と言って隅から隅まで目を通している時間などないのです。
プリントを子どもから渡されて、
「記事名(タイトル)をパッと見て、続きを読んでもらえる工夫」をしなければならないのです。

記事名(タイトル)の付け方の基本は2つです。
1.「教師が伝えたいことよりも、保護者が知りたいことに視点をおく」
2.「読むことによるメリット、読まないことによるデメリットが一瞬にして分かるようにする」

この2つは重要です。
中学校教師、ブログ、記事、人気
Continue reading “学級通信・学年便り|読まれる記事のコピーライティング50選”

広告